使い方
環境設定よりインジゲータ設定をお願いします。

Windows版の方はこちらをご覧ください。

Mac版の方はこちらをご覧ください。
設定画面の下記リンクから利用方法をご確認ください。

Windowsの方はこちらをご覧ください。

Macの方はこちらをご覧ください。
Orbital2アプリケーションの導入方法はご使用のPCのOSによってドライバのインストール方法が異なります。

Windows版の方はこちらをご覧ください。

Mac版の方はこちらをご覧ください。
環境設定を開いていただき、ラジアルメニュー感度設定もしくはフリック設定からフリックメニューの範囲を変えることができます。
3つのモードがあります。
①オービタルモード:倒して回すことで操作が実行される機能
②ジョイスティックモード:倒すことで操作が実行され、且つダイヤルが独立している機能
③マウスモード:マウスとして操作が行える機能
ご使用になられているPCのOSにより保存場所が変わります。
・Windows:Orbital2アプリケーションのO2_Contフォルダ内に保存しております。(C:\Brain Magic\O2_Cont\Set_File)
・Mac:ホームフォルダにあるO2ディレクトリ内に保存しております。(/Users/(user name)/O2/profiles)
Orbital2アプリケーションの入力設定画面より、追加したいショートカットキーを入力されましたら、コマンドリストに追加というボタンを押してください。
上下左右、お好みの向きでお使いいただけます。
環境設定のジョイスティックインジケータにて反転させることができます。

Windows版の方はこちらをご覧ください。

Mac版の方はこちらをご覧ください。
インストール後にドライバが使えない理由としては、PCのOSバージョンに合っていないドライバをインストールしている、
もしくはMac版の場合はセキュリティ設定解除ができていない可能性があります。
セキュリティ解除方法はこちらをご覧ください。
ご使用のPCのOSによってドライバのインストール方法が異なります。

Windows版の方はこちらをご覧ください。

Mac版の方はこちらをご覧ください。
詳しくは下記リンクからご確認ください。

Windowsの方はこちらをご覧ください。

Macの方はこちらをご覧ください。
インジゲータガイド、ジョイスティックインジケータ、インジケータの位置など機能により、さまざまな変更ができます。

Windows版の方はこちらをご覧ください。

Mac版の方はこちらをご覧ください。
右クリックして昇降を変更することでできます。
Orbital2の設定では、割り当てたショートカットキーが機能するまでに時間差(遅延)を入れることができます。
マクロ機能のように、特定の処理を行ってから次のキーが押されるようにしたいという際に、
任意に遅延を設定することで、正常に実行が行われるようになります。

また、クリエイティブソフトウェアによってマクロ機能が早すぎて反応しないということがあります。
その際に遅延機能を使うことで、より多くのクリエイティブソフトを活用することができます。
Orbital2のアプリケーションを終了する、または、
USBケーブルを抜くことで停止・接続解除ができます。
Orbital2で操作しているアプリケーションは、グロウリングの発光色と紐づけを行うことができます。
グロウリングの発光色の設定は、アプリケーションのLEDカラーの変更ボタンより設定を行うことができます。
タスクトレイにあるOrbital2アイコンをクリックして下さい。
現在開いているPC内の他アプリケーションの裏側で、表示されている可能性があります。
他アプリケーションのウィンドウを最小化し、タスクトレイにあるOrbital2アイコンをクリックして下さい。
複数同時に押すことはできますが、1つのボタンに、複数同時に押すショートカットキーを割り当てることを推奨しています。
サポート一覧へページトップへ