2018/10/06

4. Orbital2 導入方法【Windows版】

1. USB通信用ドライバのインストール

こちらからご使用中のOSのバージョンに対応したドライバをダウンロードし、インストールをお願いします。

ダウンロードしたファイルをデスクトップに展開した上でx64または、x86のファイルを右クリックし「管理者として実行」を選択してください。

※PCが64bitの場合はx64を実行し、32bitの場合はx86を実行してください。

2. Orbital2アプリケーションのインストール

こちらからOrbital2アプリケーションをインストールして下さい。

ダウンロードしたファイルをデスクトップなどに展開した上で、setupファイルをダブルクリックしてください。
※ダブルクリックでうまくいかない場合は、右クリックし、管理者として実行を押してください。
下記画像の「詳細情報」をクリックします。

クリック後、「実行」ボタンが表示されるので、クリックしてインストーラーを起動してください。

Windowsの設定画面を開きます。
下記画面の下部にある「更新とセキュリティ」を押下してください。

「更新とセキュリティ」の画面に遷移後、
下記画面の左側にある「Windows セキュリティ」を押下してください。

「更新とセキュリティ」内の「Windows セキュリティ」の画面に遷移します。
下記画面上部の「Windows Defender セキュリティセンターを開きます」を押下してください。

押下すると、別ウィンドウにて「Windows Defender セキュリティセンター」が開きます。
下記画面の左側のメニューにある「アプリとブラウザー コントロール」を押下してください。

「アプリとブラウザー コントロール」に遷移します。
下記画面の「アプリとファイルの確認」内の保護の種類の中の「警告」を押下してください。
「警告」にすることで、Orbital2アプリケーションを正常にインストールすることが可能になります。

インストーラーの画像が出てきましたら、「次へ」のボタンを押して各ステップへ進んでください。
※参照先などを変更したい方以外は、何も変更せずに「次へ」を押して、完了させて下さい。

3. 追加プロファイルのダウンロード

こちらからお好みのプロファイルをダウンロードして下さい。

4. プロファイルの導入方法

取得したプロファイルデータを、インストールしたアプリケーションソフトのフォルダ内にある\Set_Fileへ上書きして下さい。取得したプロファイルが使用可能になります。

また、Orbital2のプロファイル及びコマンドリストは下記パスフォルダに保存されております。

Brain Magic\O2_Cont \Set_File

5. Orbital2とPCの接続方法

① デスクトップ上のOrbital2のアプリケーションアイコンをクリックします
②アプリケーション起動後、Orbital2とPCをUSBで接続します
③「接続」ポップアップの表示を確認し、「OK」をクリックします
④グロウリングが発光したら接続されていることが確認できます

記事一覧へページトップへ