2018/11/20

10. 推奨プロファイルの編集方法【グロウリング編】

グロウリングの推奨プロファイル設定方法
1. Orbital2 LEDカラーに対して、色を割り当てる方法

プロファイルを設定します。画面右上のボタンをクリックします。

プロファイル選択画面が起動します。ここでは、Photoshopを選択します。

「LEDカラーの変更」をクリックしてください。

下記画面に遷移します。
左側赤枠部は、LEDがどのタイミングでどう発光するかが設定されています。 右側青枠部は色を変更するためのパレットです。

「プロファイル設定時」のLEDリング発色を変更してみましょう。
「プロファイル設定時」の左側にあるパレットをクリックします。

右側の「固定色パレット」から、変えたい色をクリックすると、 「プロファイル設定時」のパレットが変更されます。

自由に色をつけたい場合は、まず、「任意色パレット」を右クリックします。

そうすると、カラーリングや明るさスライダーを操作できるようになり、 再びパレットをクリックすることで、指定色が任意色パレットに保存されます。

あとは、上記の手順と同じように、任意色パレットを選択して色を設定します。

「設定完了」をクリックすると、下記の画面に遷移します。

「オービタルモード時」、「ジョイスティックモード時」、「マウスモード時」すべて同様に設定できます。 それぞれ、各モードに切り替えたタイミングで発光する設定です。

2. Orbital2 LEDカラーが設定されているかの確認方法

LEDカラーをそれぞれ設定し、今後もこのプロファイルを保存して呼び出したい場合は、下記画面の左上部でプロファイルを保存すると便利です。

Photoshopのデフォルトプロファイルから、別の名称でプロファイルを作成した場合、 わかりやすいように別の名前つけて保存してみます。 今回は「ファイル/プロファイル/別名保存(A)」を選択し、下記の画面を出します。 ここでは「Photoshop2」と名前を変更し、「保存」をクリックします。

もし、このとき同じプロファイル名があった場合は、下記のポップアップが表示されます。

新規でプロファイルを作成する場合は「別名で保存」、プロファイルを上書きしてしまう場合は「保存」を選択します。

また、過去に作成したプロファイルを読み込むときは、画面右上のボタンをクリックし、 読み込みたいプロファイルフォルダを選択して「開く」をクリックすると、読み込まれます。

試しに、設定したLEDカラーが適切に保存されているか、「別名保存」し、 別のプロファイルを開き、先程保存したプロファイルを「開く」から開いて確認してみてください。

記事一覧へページトップへ