2018/11/20

8. 推奨プロファイルの編集方法【オービタルエンジン編】

オービタルエンジンの推奨プロファイル設定方法

こちらのページでは、プロファイルをダウンロードして、 オービタルエンジン設定を用いて、どのように何を実現できるのかを解説します。

1. プロファイルを導入

お好みのプロファイルをダウンロードしてください。

・Windows版の方はこちらをご覧ください
・Mac版の方はこちらをご覧ください

各OSのダウンロードページに遷移後、お好みのプロファイルを選択し、ダウンロードします。 ※例としてAdobe Premiereのダウンロードページです。

ほかのアプリケーションのプロファイルをダウンロードする場合は、 画面下部の「一覧に戻る」から元のページに戻ることができます。

以下すべてダウンロードしたプロファイルを、格納してください。

・Windows版の方
取得したプロファイルデータを、インストールしたアプリケーションソフトのフォルダ内にある\Set_Fileへ上書き/保存して下さい。 取得したプロファイルが使用可能になります。

Brain Magic\O2_Cont \Set_File

・Mac版の方
取得したプロファイルデータを、インストールしたアプリケーションソフトのフォルダ内にある\profilesへ上書き/保存して下さい。 取得したプロファイルが使用可能になります。

/User /{ログインユーザ名} /O2 /profiles

(例) /Users/brainmagic/O2/profiles

2. お使いのPCにあるダウンロードしたプロファイルを使用する方法

「Finder」の「アプリケーション」から「Orbital2」アプリケーションを起動します。
アプリケーション起動画面の左側から、「推奨設定」をクリックします。

下記画面が起動します。ここでは、Photoshopを選択します。

3. オービタルエンジン設定で何を実現できるのかという解説

下記画面に遷移します。「オービタルエンジン設定」をクリックしてください。

下記画面に遷移します。
オービタルエンジン設定を画面上部で選択し、ジョイスティックを上に倒した場合のアクションを設定します。
初期状態では「戻る/進む」に設定されています。「戻る/進む」 をクリックしてください。

クリックすると、下記画面に遷移します。
ジョイスティックを押し下げる(ダイヤルクリックする)ことで、「戻る(Command⌘+Z)」が設定されています。

ジョイスティック(ダイヤル)を右回転させる事で「1つ進む」が設定されています。

ジョイスティック(ダイヤル)を左回転させる事で「1つ戻る」が設定されています。

機能を設定したい箇所の設定ボタンをクリックすると、下記画面に遷移します。
「名前」の欄に割り当てたい機能の名前、「修飾子を含めてキーストロークを入力」の欄にショートカットキーを割り当てます。 どちらもカーソルがフォーカスしている状態にし、記入・入力してください。 「修飾子を含めてキーストロークを入力」の入力内容を変更したい場合は、枠の右側にある「クリア」をクリックしてください。

設定完了後、「OK」ボタンをクリックします。
これで、オービタルエンジンにキーストロークのプロファイルを設定することができます。 保存せずに前の画面に戻りたい場合は、「もどる」ボタンをクリックすると、一つ前の画面に戻ります。 ここではまだ保存されていないので、注意をしてください。

下記画面に遷移後、左上の「もどる」をクリックしてください。

それぞれを設定し、下記画面の右上部でプロファイルを保存してください。

Photoshopのデフォルトプロファイルから、別の名称でプロファイルを作成したい場合、下記画面の右上部で「別名で保存」をクリックしてください。 下記画面は「Photoshop2」と名前を変更し、別名で保存した画面になります。

もし、同じプロファイル名で保存された場合は、下記ポップアップが表示されます。 「OK」をクリックすると、保存されます。名前を変更したい場合は、名前を変更してから保存してください。

試しに、設定したオービタルエンジン設定が適切に保存されているか確認しましょう。下記画面の赤枠をクリックしてください。

設定したプロファイルフォルダを選択して「開く」をクリックしてください。

「再読込」をクリックすることで、設定したオービタルエンジン設定が適切に保存されているか、確認することができます。

もしくは、画面右下の「コマンドリストから読み込む」をクリックすることで、予め用意されているコマンドリストから動作を選択することができます。 「コマンドリストから読み込む」をクリックすると、下記画面に遷移します。

変更したい方向の「設定」をクリックし、下記画面のコマンドリストから必要なコマンドをクリックしてください。 設定したいコマンドをクリック後、左上の「戻る」をクリックし、保存することで割り当てた機能を使うことができます。 設定後の保存方法と保存した機能の確認方法はこちらをご確認ください。

記事一覧へページトップへ